NLSから新発売されたオナホール「NLSピストン」。

この「NLSピストン」は、RENDSから発売されている「A10ピストンSA」の試作機であり、NLS側の「試作機をムダにするくらいならNLSオリジナルモデルとして発売させてくれ」という願いから、製品として発売されるようになったオナホールです。

「試作機なんだから、A10ピストンに劣るんじゃないの?」

そう思っていたエロリーマン安西ですが、この試作機は「パワフルさ」に優れており、価格もA10ピストンの半額と、購入しやすくなっているのも特徴です。

A10ピストンは39,800円と高価で、なかなか手が出せないオナホールだった。

それに対してNLSピストンは19,224円で、A10サイクロンの半額以下で入手できるようになった。

そこでこのページでは、

  • NLSピストンとA10ピストンの違いとは何なのか?
  • NLSピストンはどんなオナホールなのか?

について、詳しくレビューしていきたいと思います。


【Ads】
\この子のパンチラを見る/

【未公開シーン解禁!あの可愛いミニワンピお姉様の大開脚&透けパンティ】ミニスカショップ店員撮り16
※画像をクリックするとGcolleで3枚の画像が見れます


NLSピストンとA10ピストンの比較

ここで比較する3項目
  1. 構造の違い
  2. 大きさ・重さの違い
  3. 価格の違い

比較1:構造の違い

まず、NLSピストンとA10ピストンは、ピストン方式に大きな違いがあります。

  • NLSピストン:クランク式
  • A10ピストン:レールポジション式

NLSピストンに採用されているクランク式とは?

NLSピストンに採用されているクランク式は、車のエンジンにも採用されている方式の1つで、「パワフルさ」が特徴です。

繊細な動きは苦手ですが、「刺激の強い方が良い」「まったりしたオナニーより、どちらかというとガツガツしたオナニーの方が好き」という方に向いています。

A10ピストン採用のレールポジション式とは?

それに対してA10ピストンに採用されているレールポジション式とは、プリンタなどに採用されている方式の1つで、「繊細さ」が特徴です。

トルクもあるので「ゆっくりした動き」もできます。

ガツガツした動きは苦手ですが、「まったりしたオナニーが好き」「緩急ある自然なピストン運動の方が好き」という方に向いています。

比較2:大きさ・重さの違い

NLSピストンとA10ピストンは「大きさ」「重さ」にも違いがあります。

NLSピストンの大きさと重さ

NLSピストンの大きさと重さは、

  • 全長36㎝
  • 挿入部分12㎝
  • 先端部分16㎝
  • 重さ1561g

となっています。

電動式としては小型化されており、取り扱いのしやすさがメリットです。

A10ピストンの大きさと重さ

それに対してA10ピストンの大きさと重さは、

  • 全長35.5㎝
  • 挿入部分14㎝
  • 先端部分17㎝
  • 重さ2350g

となっており、NLSピストンに比べて、大きく、重くなっています。

大きくて重いのは、A10ピストンが先ほど紹介した「レールポジション式」を採用しており、必要なパーツがクランク式に比べて多いからです。

「重い電動オナホは嫌だ」「できる限り小さいものを選びたい」という方は、NLSピストンを選ばれたほうが良いでしょう。

比較3:価格の違い

この記事のはじめでも紹介したように「価格」にも大きな違いがあります。

A10ピストン NLSピストン
39,800円 19,224円

価格に2.07倍の差があります。

結果的に、NLSピストンの方がコスパもよく、軽く、大きさも小さいため、クランク式に納得できるのであれば、NLSピストンを購入したほうが良いかもしれませんね。

NLSピストンの特徴をもっと詳しく知ろう

ここまでは、「A10ピストン」と、A10ピストンの試作機「NLSピストン」の比較をしてきました。

ここからは、「NLSピストン」の特徴について、より詳しく知っていきましょう。

スピードは無段階調整

まず、ピストンスピードは、ダイヤル式で、無段階調整が可能。
さらに「一時停止」「電源ON・OFF」もすぐにできるので、とても使い勝手が良いです。

電源はAC電源

次に電源は「AC電源」です。
一言で言えば「充電式ではなくコンセントに挿して使うタイプ」になります。

充電式でないのはショックだったのですが、充電式でないからこそ本体が軽量化されており、これは1つの正解なのかなと思います。

※電源コードは約2.5mありました。

ホールはA10ピストンのホールが使える!

さいごに、気持ちよさのキモとなる「ホール」ですが、ホールはNLSオリジナルではなく、「A10ピストン専用ホール」をそのまま流用して使います。

現在ホールは2種類あり、内部構造は以下のように異なります。

クローバータイプ

スティールタイプ

構造的にはスティールタイプの方が一般的なオナホールに近いですね。

どちらもRENDS社製なので気持ちいこと間違いなしですが、迷われた方は、エッチの感覚に近い「クローバータイプ」を選ぶと良いと思います。

チクニーとNLSピストンを組み合わせよう

NLSピストンと相性抜群なのが、同じくRENDSが開発したチクニーグッズ「U.F.O.SA」です。

「U.F.O.SA」は最高のチクニーグッズとしてテレビでも特集され、例えば・・・

  • 乳首責めされながらシコシコされるのが好き

という方にピッタリなアイテムです。

個人的には「NLSピストンに2万円」出すより「U.F.O.SAに2万円」出す方が良いと思っていますし、「A10ピストンに4万円」出すよりは「NLSピストンとU.F.O.SA併せて4万円」出す方がコスパが良いと思っていますので、乳首が好きな方は、「U.F.O.SA」も検討してみてください。

さいごに

NLSはほんとすごいですね。
RENDS社の試作機を商品化して、安くていいものをいつも提供してくれています。

NLSで購入すると、

  • 最安値保証(他サイトの方が安い時も連絡すれば最安値にしてくれます)
  • 2重梱包(段ボールが開けられても中身が分かりません)
  • コンビニ匿名受取可能
  • 無地段ボール配送
  • NLSポイント付与

といった特典も得られますので安心して購入できますよ。

アダルトグッズのNLS

\NLSの売れ筋が一目で分かる/

NLS売れ筋商品ランキングTOP100
※バナーをクリックするとNLSのランキングページに移動します。

おすすめの記事
おすすめパンチラ動画もチェック
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り060 超ド級エロお姉さまの激エロパンティー、そしてエロス
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り089 多人数オムニバスプレミアム