「乳首は性感帯。だから感じて当たり前」

そんな印象のある乳首ですが、昔の私はその真逆でした。

「乳首の何が気持ちいか分からない」というのが私の本音でしたし、時には「乳首への刺激が不快にさえ感じる」ということもありました。

そこで私が思ったのが「乳首の感度を上げたい」ということです。

乳首の感度が上がれば、もっと性生活が充実することはもちろん、(極端かもしれませんが)プライベートや仕事などの人生も1.5倍くらいには充実すると感じたからです。

そう願った私は今日まで約2年間、乳首開発のあれこれを試してきました。

そして、効果のあった開発方法もあれば、全然効果のない開発方法もありました。

そこでこのページでは、私が特に効果を実感できた「乳首の感度を上げる3ステップ」を紹介します

開発方法は相性があるので個人差はあると思いますが、これから紹介する内容をやったことがなければ、ぜひやってみて、自分に効果があるかどうか体験してみてくださいね。


【Ads】
\この子のパンチラを見る/

【未公開シーン解禁!あの可愛いミニワンピお姉様の大開脚&透けパンティ】ミニスカショップ店員撮り16
※画像をクリックするとGcolleで3枚の画像が見れます


私は乳首の感度をこうして上げた

これから紹介する乳首の感度を上げる方法は「当たり前」のようで効果のあることばかりです。

少し「修行」に似た部分もありますが、2年前の自分自身に伝えたいアドバイスでもあります。

それでは、乳首の感度の上げ方3ステップを紹介します。

STEP1熱いお風呂に入る

  1. 冬の寒い部屋でのエッチ
  2. 夏~秋の少し暖かい部屋でのエッチ

この2つを比べた時に感じやすいのは「夏~秋のエッチ」の方だと感じる人が多いのではないでしょうか?

これにはきちんと理由があります。

なぜなら「体が冷えると血流が悪くなり、神経の働きも鈍くなるから」です。

例えばスノーボードをしに雪山に行った時のことを考えてみてください。

スノーボードをしていると手が冷えますよね。

そうすると手の感度が低くなり、怪我をしているのに気づかなかったり、手がしびれたり、何かを触った感触が分かりにくくなったりします。

つまり、乳首を開発できていない人が、体が冷えた状態で乳首を触っても、感じにくいだけなんです。

「乳首の感度を上げたい人」=「乳首がまだ未開発で感じにくい人」だからこそ、乳首開発の前に温かいお風呂に入って、体全体の感度を高めてあげましょう。

こうするだけで「感じれた!」という成功体験を積み重ねやすくなります。

STEP2乳首に全神経を集中させる

次に大事なのが「乳首に全神経を集中すること」です。

乳首が開発されている人は、乳首に10の刺激が伝わったら10の気持ちよさを感じることができます。

意識しなくても乳首を刺激されたら感じることができるため、「乳首+下半身」など全身で感じることができます。

しかし、乳首が開発されていない人は、乳首に10の刺激が伝わっても0.5くらいの気持ちよさしか感じることができません。

その結果、意識しないと乳首で感じれませんし、「乳首+下半身」の両責めをしたとしても、下半身で感じてしまって乳首が鈍感になってしまいます。

つまり、乳首未開発の場合は「乳首に全神経を集中し、乳首をモニターすることがとても大事」ということです。

  • 乳首をトントンした時、乳首がどう感じているか?
  • 乳首をピンピンした時、乳首がどう感じているか?
  • 乳首にローションを付けた時、乳首がどう感じているか?

しっかり自分の乳首に聞いてみましょう。

0.1でも感じることができたら、それが開発された証拠です。

例えばゴルフのスイング。

フォームを意識しながら繰り返し練習するからこそ無意識状態でも理想のスイングをすることができます。

それと同じで乳首もまずは意識して自分から感じにいきましょう。

すると乳首が感じ方を学習し、乳首の感度が上がり、無意識でも乳首で感じれるようになります。

STEP3チクニーグッズを使う

最後に大切なのが、乳首未開発だからこそチクニーグッズを使うということです。

例えば吸引系のチクニーグッズを使えば、血流が良くなるため、感度が上がりやすくなります。

例えば電動系のチクニーグッズを使えば、より気持ちい刺激が味わえるため、開発スピードがはやくなります。

私自身、チクニーグッズを使って開発スピードが3倍くらい上がった感じがしていますので、乳首開発に本気な人ほど、チクニーグッズを有効活用していきましょう。

乳首開発は「やり方」も大事

ここまで乳首開発の「基本」を紹介してきました。

  1. 体をあたためる
  2. 乳首に全神経を集中させる

の2つは特に重要であることはご理解いただけたかと思います。

そして、この2つのルールを守って、正しいやり方でチクニーすれば、乳首の感度もさらに上がりやすくなります。

具体的な7つのやり方については下記記事で詳しく書きましたので、そちらも参考にしてみてくださいね。

さいごに

乳首は意識して感じれば感じるほど開発できます。

体を温めて感度を良くすればするほど開発できます。

その上で正しいやり方でチクニーすれば、毎日乳首の感度向上を実感することができます。

さいごになりましたが、乳首の感度は「チクニーした時間」に比例します。

毎日1分の開発と毎日10分の開発では、開発スピードに差が出ますので、お風呂の中や寝る前などにちょくちょく乳首に刺激を入れて、効率的に開発していくのがオススメです。

\最高のチクニーグッズUFOSA/

\NLSの売れ筋が一目で分かる/

NLS売れ筋商品ランキングTOP100
※バナーをクリックするとNLSのランキングページに移動します。

おすすめの記事
おすすめパンチラ動画もチェック
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り060 超ド級エロお姉さまの激エロパンティー、そしてエロス
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り089 多人数オムニバスプレミアム