A10サイクロンSAは、日本の誇る性家電会社「RENDS」が「VORZEブランド」から発売した、電動系のオナホールです。

VORZEブランドなので、製造も企画も開発もすべて日本で行われており、私のように「VORZEなら即買いする!」「UFOSAとダブルで使いたい」というファンも多いでしょう。

そんなA10サイクロンSAが2018年7月に、専用ホール「メデューサ」を同梱した「A10サイクロンSA +PLUS」を発売しました。

そこでこのページでは、A10サイクロンを購入しようか迷っている方に向けて、

  • A10サイクロンSA+PLUSの口コミ
  • A10サイクロンSA(旧)とA10サイクロンSA+PLUS(新)の違い
  • ユーザー目線のA10サイクロンSA+PLUSのメリット
  • ユーザー目線のA10サイクロンSA+PLUSのデメリット

について、それぞれ紹介していきます。


【Ads】
\この子のパンチラを見る/

【未公開シーン解禁!あの可愛いミニワンピお姉様の大開脚&透けパンティ】ミニスカショップ店員撮り16
※画像をクリックするとGcolleで3枚の画像が見れます


A10サイクロンSAの口コミ

A10サイクロンSAは生身の女に興味がなくなるオナホールです。それくらいすごいです。
そして7種類の回転と強弱がありますが、この設定1つで感じる刺激がかなり変わります。
フィニッシュ時に自分で腰を動かすとこれが最高で、精液が最後まで搾り取られる感じがします。
デメリットは大きさで、ペットボトルより大きく、予想以上に重いことです。
ただ、デメリットよりメリットが上回っているので、心からオススメできることは確かです。
SAプラスになりかあっくが安かったので買い足しました。
静かさは「これくらいなら合格点」というレベルでしたが、気持ちよさは最高。風俗以上に気持ちよく、1回買えば何度でも風俗状態なので大満足です
あ、+1Dを見るためには専用の無線アダプタが必要なので、そこには注意が必要です。
A10サイクロンSAがずっと売り切れで買えないと困っていたら、なんとPLUSが発売されて、価格も安くなりホールも付属で買えてラッキーでした。
さて、使用感ですが、これはヤバい。
僕はオナニーのし過ぎで完全な遅漏なのだけど、ものの10分でイカされてしまいました
RENDSの商品はすごいですね。
注意点はローションをしっかり入れること。これをやっていないと、摩擦が増えて痛くなる時があります。

A10サイクロンSA(旧)とA10サイクロンSA+PLUS(新)の違い

次に、2018年7月にリニューアルされた「A10サイクロンSA+PLUS」の何が進化したのかを見ていきましょう。

進化1USB充電が可能になった

これまでの「A10サイクロンSA」は、専用のアダプタを使って充電するタイプでした。

慣れてしまえば大丈夫なのですが、充電するたびに毎回専用のケーブルを取り出すのは手間ですし、紛失したり壊れてしまうとすぐに代用のケーブルが用意できないため、困った設計でもありました。

しかし「A10サイクロンSA+PLUS」からマイクロUSBで充電できるようになりました。

A10サイクロンSA+PLUSからマイクロUSBで充電できるようになった

ケーブルが壊れてもすぐに交換が可能ですし、余分なケーブルを用意する必要もなくなり、利便性が高まりました。

進化2専用ホールが付属するようになった

これまでの「A10サイクロンSA」は、専用ホールが付属しておらず、本体を買うとともにホールも買う必要がありました。

ホールは1個あたり2,500円。

もともと本体が20,980円(税抜)でしたから、本体+ホールで合計23,480円(税抜)ほどの出費になりますし、本体が届いてから「ホールが付いてない」と知った方も多いと思います。

しかし、今回の「A10サイクロンSA+PLUS」から、専用ホールのメデューサが付属するようになりました。

A10サイクロンSA+PLUS専用ホールのメデューサ

本体だけ買えば「A10サイクロンSA+PLUS」を楽しめますし、ホールが付属するからこそ、お気に入りのホールを買い足しやすくなりました。

進化3本体価格も安くなった

これまでの「A10サイクロンSA」は付属ホールなしで20,980円でしたが、「A10サイクロンSA+PLUS」から付属ホールありで19,990円になりました。

以前のA10サイクロンSAがホール込みで23,480円であったことを考えると、価格的には16%OFFとなり、以前よりも買いやすい価格帯となりました。

重要基本スペックの違い

ここまで旧作となる「A10サイクロンSA」と新作となる「A10サイクロンSA+PLUS」の違いについて紹介してきましたが、新旧の「基本スペック」を比較したのが以下の表です。

SA +PLUS(新) SA(旧)
発売日 2018年7月25日 2014年5月28日
大きさ 全長116×全幅116×高さ293mm 全長160×全幅160×高さ293mm
重さ 1410g 1400g
連続稼働時間 約2時間 約2時間
充電時間 約5.5時間 約2時間
電源 USB充電 充電器 Input 100-240V 0.5A 50/60Hz Output 12V/1A
価格 20,980円 19,990円
専用ホール付属 なし あり(メデューサ)

基本スペックの違いはここまで紹介してきた通りで、

  • 専用ケーブル⇒USB電源に変更
  • 付属ホールなし⇒ありに変更
  • 価格がホール別20,980円⇒ホールあり19,990円に変更

の3つが主な変更点です。

また、USB充電にしたことで、充電時間が長くなっていますので、「A10サイクロンSA」の方が気になる方もいると思いますが、ケーブルも今後廃盤となる可能性が高いため、今から買うなら「A10サイクロンSA+PLUS」の方がオススメです。

A10サイクロンSAはここがスゴい!

次に「A10サイクロンSA+PLUS」についてスゴいと思った所を紹介していきます。

スゴいと思ったところは色々あるのですが、その中でもこれから買う人に特に知っておいてほしい「3つのメリット」を紹介していきます。

メリット1

回転パターンと低速トルクが素晴らしい

「A10サイクロンSA+PLUS」は、

  1. 回転パターン7種類
  2. 強弱7種類

の合計49種類の動きを兼ね備えた電動系オナホールです。

特にスゴいのが低速域のトルク。

ゴリゴリしたオナニーはもちろんのこと、まったりしたオナニーができ、弱パターン×横回転の動きはトルクがあるからこそできることで、「A10サイクロンSA+PLUS」でしか味わえないオナニーをすることができます。

メリット2

+1Dの性能が格段にアップ

「A10サイクロンSA+PLUS」は動画と連動して動く「+1D」対応の電動オナホールですが、この+1Dの性能が格段にパワーアップしています。

アニメ「エヴァンゲリオン」で碇シンジ君が初号機とのシンクロ率が100%になると、エヴァの骨が折れた時は、シンジ君もそれと同等の痛みを感じるようになりますよね。

「A10サイクロンSA+PLUS」を使うと、まさに+1Dで連携している動画に出ている女優とエッチしている気分を味わえます。

VRとA10サイクロンを使えばその世界は完全な男優気分。

画像分析機能によって「挿入長」まで計算して信号化しているので、没入感も格段に高くなりました。

+1Dを体験したことがない人へ
初めてアダルトVRを見た時に衝撃を受けた人なら、きっと「+1D」にも衝撃を受けると思います。
「+1D」に興味がない方も、もし「A10サイクロンSA+PLUS」を買ったら試してみてください。
\+1D動画はアダルトフェスタで配信中/
メリット3

メンテナンスのしやすさも◎

「A10サイクロンSA+PLUS」はメンテナンスのしやすさも◎です。

1つ1つのパーツは磁石でくっついており、簡単に取り外しがしやすく、メンテナンスしている時にパーツが壊れる心配もありません。

また、ホールの脱着も6つの穴にはめるだけでとても簡単。

メンテナンスが簡単なので、毎日使っても手入れに億劫になることはありません。

A10サイクロン辛口レビュー!2つのデメリット

そんな高性能な電動オナホール「A10サイクロンSA+PLUS」ですが、使って分かったデメリットもあります。

ここでは「A10サイクロンSA+PLUS」の口コミを少し辛口で2点紹介していきます。

デメリット1

動作音が気になる

「A10サイクロンSA+PLUS」は静音性にもこだわって作られた電動オナホールですが、やはりそれでも音は気になります。

およそ50デシベルほどで、この50デシベルは

  • エアコンの音
  • 木々の鳴る音
  • 静かな事務所

に例えられることが多いのですが、やはり「使っていて気にならないほど静か」というわけではありません。

壁越しに聞こえるほどの音は出ません。

マンションやアパートでも全然大丈夫です。

しかし、家族など同居している人がいて、その人に使っていることをバレたくない場合は、「A10サイクロンSA+PLUS」はあまりオススメできません。

デメリット2

専用ホールが12種類ととても多い

「A10サイクロンSA+PLUS」の専用ホールは12種類あります。

12種類の専用ホール
  • マスター
  • インフィニティ
  • ヴォルテックス
  • ダブルフラップ
  • スパイラル
  • クリスタル
  • シェイプ
  • メデューサ
  • グランス
  • ダブル
  • ツイスト
  • オーラル

すでに色々なオナホールを使ったことがあり、「自分の好きな形状」が分かっていたり、「この形状はこんな刺激」と分かっている方なら良いのですが、初心者が選ぶには少し説明不足です。

個人的にオススメなのは、

  • 密着感ある「ボルテックス」
  • 回転運動との親和性が高い「スパイラル」
  • 挿入の深さで刺激が変わる「グランス」

ですが、一番のデメリットは「使ってみなくちゃ分からない」ということです。

「使ってみて気に入らなかったから交換してほしい」が残念ながらできないので、ホールを買い足す際は十分に内部構造を見て、良いイメージができたものだけを買い足しましょう。

さいごに

「A10サイクロンSA+PLUS」は未知なる快感を伴うオナホールです。

価格は2万円ですが、風俗2回分で買える値段で、生身の女性に色々されるよりも気持ちよく、3か月保証もあります。

また、同じRENDS社製のチクニーグッズ「U.F.O.SA」との相性も抜群なので、チクニー+ペニオナのダブルの電動でオナニーを楽しんでみてください。

\NLSの売れ筋が一目で分かる/

NLS売れ筋商品ランキングTOP100
※バナーをクリックするとNLSのランキングページに移動します。

おすすめの記事
おすすめパンチラ動画もチェック
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り060 超ド級エロお姉さまの激エロパンティー、そしてエロス
新フルHD高画質パンチラ逆さ撮り089 多人数オムニバスプレミアム